プリズムの万華鏡日誌


プリズムは閉店しましたが、これからも万華鏡の魅力をお伝えしていきたいと思います
by prism200345
プロフィールを見る

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

万華鏡展inかふぇ・ぎゃらりぃ五斗蒔

土岐市の「かふぇ・ぎゃらりぃ五斗蒔」で万華鏡展を開催しています。

期間は5月28日(土)~7月3日(日) 時間は11:00~16:30
今は土日だけの営業ですが、今後、平日も営業される予定だそうです。
(その時はまたお知らせします)
e0305824_1919211.jpg

土岐市美濃焼伝統産業会館に隣接する建物の中の茶室が4月からギャラリーになりました。
e0305824_19193332.jpg

仙台万華鏡美術館さんのご協力を得て、1点ものの高価な万華鏡からお手頃価格の万華鏡までたくさんの万華鏡を手に取ってご覧いただけます。
e0305824_19194542.jpg

オープン最初の展示は仏画師であるオーナーのご主人様の作品展でした。
曼荼羅と万華鏡は繋がってますよね、ということで、曼荼羅画だけ残していただきました。
e0305824_19195698.jpg

最終日、7月3日(日)14:00~15:30に万華鏡のワークショップを開催します。
e0305824_192075.jpg

今回は夏らしく貝殻と色とりどりのガラスのカレットを入れて作ります。
e0305824_19205162.jpg

スパッタリングミラーを使った本格的な万華鏡です。7ポイントの3ミラーシステムです。
e0305824_19202887.jpg

ガラスが手前に来たときの映像↑ 貝殻が手前に来たときの映像↓
e0305824_19203924.jpg


参加費は3800円(お茶とお菓子つき)です。
10歳くらいから大人までご参加いただけます。
入れてみたい具材があったらご持参OKです。

*ご予約は五斗蒔さんへ 090-1780-6964(村瀬さん)
*万華鏡に関するお問い合わせはプリズムへ 052-761-9750

***五斗蒔さんの住所***

岐阜県土岐市泉町久尻字北山1429-8
土岐市美濃伝統産業会館内


土岐市美濃焼伝統産業会館は中央高速道路の五斗蒔インターを降りてすぐ!
なんと入場料無料で織部を中心にたくさんの陶芸作品を観覧できます。
陶芸体験コーナー(こちらは有料)もあるので、よかったらこちらも是非♪

土岐プレミアムアウトレットも車で10分ほどです。
よかったらドライブがてらお出かけくださいませ♪



お待ちしています♪
[PR]
by prism200345 | 2016-05-30 23:45 | イベントのご案内 | Trackback

2016コンベンンション番外編 ③NY


楽しかったコンベンションが終わり、NYへ向かうべくワシントンDCのユニオンステーションへ。
e0305824_14003184.jpg
さすがアメリカの首都の中央駅。とっても広くて高くて美しい駅でした。
e0305824_14004915.jpg
歴史ある建物の中に最新の設備。たくさんの人がいるのにみんな静かでクール。今から向かうNYとは大違い!
e0305824_14005303.jpg
昔のUnion Stationの写真が展示されてました。
e0305824_14010815.jpg
この大ホールの下はカフェだったんですね!すごい賑わい!
e0305824_14010472.jpg
さて、私たちは列車ではなくメガバスでNYへ向かいました。2階の一番前の席をリザーブ♪
e0305824_14042976.jpg
ワシントンDC→NYと都会から都会への移動なのにずっと美しい自然の緑の中を走り、バスの2階からの見晴らしは最高でした!
e0305824_14043434.jpg
いよいよNY州に突入~
e0305824_14043703.jpg
マンハッタンの摩天楼が霞んで見えました!
e0305824_14043971.jpg
Pen Stationのそばで降ろされて、そこからタクシーでホテルにチェックイン。
荷物を置いて早速街へ繰り出しました!
e0305824_14105500.jpg
タイムズスクエアのTKTSで今夜のミュージカルのチケットをgetしてから遅い昼食を食べに「SHAKE SHACK」へ…
e0305824_14101472.jpg
噂どおり、素材にこだわったハンバーガーめっちゃ美味しかった!
e0305824_14101773.jpg
そしてこの日観たのはオペラ座の怪人。旅の疲れもあり、睡魔と闘いながらの観劇でした…
e0305824_14104558.jpg
さて、ミュージカルの後は夜のニューヨーク散歩。ラジオシティの前で馬車。馬に乗った警察官も何度も見かけましたよ。
e0305824_14045400.jpg
トランプタワーの前にバックトゥザフューチャーに出てくる車が止まってた!
e0305824_14045707.jpg
そしてロックフェラーのルーフトップバーで乾杯。
e0305824_14050133.jpg
NYの夜景を楽しみましたよ~
e0305824_14050441.jpg
さて、翌朝は朝食の女王サラベスでモーニング。
e0305824_14050927.jpg
定番のエッグベネディクトと…
e0305824_14054110.jpg
フレンチトーストをいただきました☆
e0305824_14054563.jpg
それからアメリカ自然史博物館に行きました。
e0305824_14064459.jpg
入口にもう恐竜いました!天井のデザインはワシントンDCのユニオンステーションの天井に似てる☆
e0305824_14064802.jpg
ナイトミュージアムで予習して行ったけど、すんごい展示のボリュームでとてもじっくり見てられないのでほとんどスルーしちゃいました。
e0305824_14071960.jpg
天文部の私はプラネタリウムの方が楽しみだったんですが、心配していた言葉の心配も吹き飛ぶくらいのとても素晴らしいプログラムでした。楽しく宇宙旅行してきました(*^_^*)
e0305824_14072542.jpg
プラネタリウムを出た後の展示も全て興味深かった!
e0305824_14072964.jpg
アトリウムの吹き抜けは太陽系になってました。階段を下りながら太陽系散歩♪
e0305824_14073446.jpg
宇宙の成り立ち 宇宙>銀河>星>惑星
他にもいっぱい美しい説明のプレートあって写メしてきました。
e0305824_14073888.jpg
ランチはふたたび自然史博物館すぐそばの SHAKE SHACK で。
e0305824_14075666.jpg
昨夜あまりの美味しさに感動したのとフレンチフライを頼むのを忘れたのと SHAKE SHACK のSHAKEもトライしたくてリベンジ!
e0305824_14080051.jpg
今のSHAKE SHACKが建っている場所をダコタアパートから撮ったという写真が飾られていました。
今はビルだらけの場所なのに、何もなかったんですねー。
e0305824_14080321.jpg
ダコタといえばジョンレノン。もちろんストロベリーフィールズも行きましたよ。
e0305824_14095546.jpg
そして一度ホテルに戻り、地下鉄に乗って次はマッシモのスタジオへ向かいました。
e0305824_14080930.jpg
この地下鉄の入口、Whole Foods と繋がっているので壁にいろんな食材のpaintがあって可愛い♡
e0305824_14081751.jpg
マッシモはFacebookを見るとでNYにいるっぽかったから、てっきり200周年のコンベンションに参加するために一時帰国してるんだと思って会えるのを楽しみにしていたのに、結局DCでは会えなくて残念がってたら、Free Wi-Fiだったメガバスの中でダンナ様がFacebookのメッセージで今からYUKAとNYに行くって連絡してたらしく、急に会うことになったのです。サプライズ!!!
e0305824_14081975.jpg
懐かしい~3度目の訪問。マッシモのスタジオです!ドアを入ると床には万華鏡のようなタイルのモザイクがあります♪
e0305824_14083525.jpg
ダンナ様からマッシモへ、惜しまれつつ製造中止になってしまった地元の名品「地球ゴマ」をプレゼント。
e0305824_14083928.jpg
そして今年のコンベンションでもらった記念スコープもひとつプレゼント♡
e0305824_14084221.jpg
マッシモが名古屋に来た時のポスターが貼ってあった!
e0305824_14084545.jpg
今はシドニーに住んでいるマッシモ。工房はガランとしていました。
e0305824_14084967.jpg
でもパティーナの入ったでっかいボトルとたくさんのブラスの筒が…。どこかから大量注文があって、作品を作るためNYに戻って来てたみたい。
e0305824_14084795.jpg

それから工房を出て、少し街を歩いてタパスのお店に連れていってくれました!
e0305824_14091236.jpg
そこでちょうどイタリアから来ていたマッシモの甥っ子のロベルトとマッシモの奥様デブラと合流♪
e0305824_14091551.jpg
写真撮るの忘れてて途中からなんですが、どのお皿もとっても美味しくて…
e0305824_14091899.jpg
このクラブケーキも絶品でした☆
e0305824_14092383.jpg
羊・カニ・イカ・チキン・ホタテ・パエリア…この旅の最後に初めてレストランで美味しいお食事をいただきました!
e0305824_14092566.jpg
それからマッシモの自宅へおじゃまして…ヴーヴクリコを開けてくれました!ワォ!!!
e0305824_14093455.jpg
マッシモが出してくれたおつまみセット。アメリカとイタリアのチョコレートとなんと雪見だいふく!NYで大人気らしいです。
日・米・伊の仲良しプレートを作ってくれました♡ありがとう♡
e0305824_14093996.jpg
マッシモの家のリビングの窓から見えるハドソン川とワシントンブリッジ。
e0305824_14094251.jpg
マッシモが窓を開けてくれました。ほんと、キレイ。夢みたい。
e0305824_14094561.jpg
束の間の再会の時間が終わり、お別れの時が来ました。最後に記念撮影。
e0305824_14094735.jpg
マッシモ、いつもいっぱいありがとう♡大好き♡
e0305824_14095051.jpg
会えてほんと嬉しかった!Facebookありがとう!ダンナ様ありがとう!



こうして夢のようなアフターコンベンションの旅が終わりました。








*






[PR]
by prism200345 | 2016-05-04 23:45 | 出張レポート | Trackback

2016コンベンンションレポート 番外編②チャールズの工房


コンベンションが終わった後、チャールズ・カラディモスの自宅ギャラリー&工房へおじゃましました!
e0305824_23485013.jpg
コンベンションの会場から車で1時間ちょっとのダマスカスという場所、チャールズと同じギリシャ系のアメリカ人が多く住む場所のようです。
12年前、万博で名古屋にいらした時、家の話になり、僕の家は〇エーカーあって(〇の数字は忘れましたが単位は確かにエーカーでした)隣の家まで遠いんだよ、最近家の前に道ができて車がたくさん通るようにたんだよって聞いたので、大草原の中にポツンと建っているイメージだったのですが、道中それほどの田舎ではなかったです(笑)
エーカーって何坪くらい?と思って調べたら1エーカー=1224坪。〇は1ではなかったから、一体何千坪?!
ともあれ見渡す限りのこの土地はチャールズのものと思われます。スゴイ広さです~
e0305824_16153383.jpg
かわいいサイロもありました!万華鏡?と聞いたら今は違うけどいつかそうなるかもね、とのこと(笑)
e0305824_16152691.jpg
チャールズが車で来ているアメリカ人の参加者と私たちをマッチングして配車を決めてくれて、会場から分乗して向かいました。
私が乗せてもらったマイケル号は1番に到着!チャールズの到着を待ちました。
e0305824_16353168.jpg
勝手口から入ります~。かわいいキッチン!
e0305824_09104636.jpg
リビングの窓辺にはパーラーのチェンジャブル万華鏡が!
e0305824_16201210.jpg
シェルフを覗く私たちを乗せてくれたマイケル。愛車はプリウスでした☆
e0305824_16200772.jpg
チャールズ作の万華鏡模様のオブジェの手前にコンベンションのアワードのガラスのトロフィー♪
e0305824_16195027.jpg
シェルフの上には万華鏡の本が並んでました。素敵なブックエンド♡
e0305824_16201709.jpg
リビングを抜けるとこの日のために改装したチャールズのギャラリーの入口が。
お人形のメイドさんがお出迎え~(チャールズは妻ですと紹介してくれました☆)
e0305824_16180095.jpg
まずは全体のパノラマ~
e0305824_16163162.jpg
チャールズは作った作品を原則ひとつは手元に残すことにしているので、ここではチャールズの歴史を見ることができるのです。I'm so excited !!!
e0305824_10084118.jpg
e0305824_10090028.jpg
e0305824_10110450.jpg
e0305824_10093169.jpg
e0305824_16191299.jpg

e0305824_16172484.jpg
e0305824_16324751.jpg
e0305824_16330131.jpg
e0305824_16163804.jpg

どうですか?ズラリと並んだチャールズの作品たち。圧巻です。
e0305824_16330547.jpg
全てに制作年数とエディションなど明記され、作品のポスターなども作ってありました。
e0305824_16251585.jpg
もうここにはない1点もの↑やコラボ作品↓もポスターになっていました。
e0305824_16242275.jpg
NYのキャッツキルにあるサイロの万華鏡のポスター。いつか訪れたい場所のひとつです。
e0305824_16245992.jpg
ギャラリーの奥の部屋の窓辺に著書と万華鏡パネルがありました。2畳ほどのお部屋。狭くて落ち着く~。後でここでミラクルが起きます!
e0305824_16325614.jpg
さて、30年余のこの膨大な作品たちの中から一部ご紹介したいと思います。
e0305824_16164914.jpg
まずは外せない記念すべき最初の万華鏡です。人に歴史あり。誰でも最初があるんですね。
e0305824_16212365.jpg
これも初期の作品。時計&万華鏡(チェンジャブル)。大作です。
e0305824_16205154.jpg

e0305824_16210285.jpg
もう黒がオブジェクトに使われている~。チャールズって感じの映像ですね。
e0305824_16211787.jpg
私がチャールズを知った時は代表作クラッシックコーンの全盛期でした。
e0305824_16212999.jpg
この「Cone」あっての「Classic Cone」だったんですね!
e0305824_16213208.jpg
コーン兄弟(笑) カッコイイ!

e0305824_16214395.jpg
この頃になると映像は今にかなり近いです。美しくてカッコイイ~
e0305824_16224868.jpg

e0305824_16225241.jpg
あとは、欲しくなっちゃった万華鏡たちをご紹介。持って帰れないので映像だけ。
e0305824_16231350.jpg
チャールズにしては可愛い色&形でレアでしょ?
e0305824_16231603.jpg
超大作!まるで宇宙!銀河!美しい~~~
e0305824_16231871.jpg
私のタイトル予想は「ギャラクシー」でしたが…
e0305824_16232838.jpg
正解はオデッセイでした。2009年。限定5。手に入れられたかもしれなかったのに…残念。。。
e0305824_16232344.jpg
取り換え用のオブジェクトがあったので、入ってるガラスたちを見ることができました!
e0305824_16232187.jpg
映像はこんな感じです~。実際は大きくて迫力ありました。
e0305824_16233158.jpg
その後「Galaxy」という作品も発見。こっちも素敵。欲しかった~
e0305824_16240113.jpg
映像も撮って、これのはずなんですけど宇宙のイメージより淡くて優しいな…。となりの「Luminosity」かな?間違えたかな?
e0305824_16240583.jpg
この日の私の心に一番響いて一番長く見てたのがコレ。「Dichro1」
ダイクロを使った初めての万華鏡ということでしょうか…?
e0305824_16233649.jpg

チャールズっぽくないけどちゃんとチャールズで、虹色で美しかった~。
e0305824_16234861.jpg

e0305824_16234390.jpg
色の秘密は底のダイクロガラス。一部を削って光がダイレクトに入る所とダイクロ経由で入る所があるのがポイントかな?
e0305824_16235202.jpg

そして出口付近でプリズムの閉店前に私のために作ってくれた雪の結晶の万華鏡を発見!ドヤ顔の私!
e0305824_16190711.jpg
「Snow Crystal」2015 edition2。つまり、チャールズと私だけの万華鏡!
e0305824_16493497.jpg
ここで双子の兄弟に会えたみたいで感激!
e0305824_16493896.jpg

今、実はチャールズにお願いしている万華鏡があって…
e0305824_16483427.jpg
この写真の正面の黒い万華鏡は「エンボス」という作品で、よく見ると雪の結晶のエンボスがあるのがわかりますか?
私はこの白を持っていて毎年雪の結晶展の時にお披露目しているのですが、その横に展示されているのが「O(オー)」&「Baby O」で、コージーのお宅で初めて見た時からすっごいお気に入りの万華鏡なんです!
e0305824_16490036.jpg
映像の周りに黒い丸枠があって「O」になってます!
e0305824_16485545.jpg
チャールズの真骨頂と言えるこの作品。しかも小さい万華鏡LOVEの私。めちゃ欲しい!
e0305824_16485152.jpg
そうなんです、実は「Baby O」のようなエンボスのBabyの制作をお願いしているのです。
是非エンボス&ベイビーを並べて愛でたいのです!
実現するかな?みなさんも見たいですよね?
今年には実現しますようにっ!!!


まだまだギャラリーにいたかったのですが、離れにあるチャールズの工房も案内してくださいました!
e0305824_16502654.jpg
Nothing to hide…隠すことは何もないよ、とミラーの組み方のデモンストレーションをしてくださいました。懐が深い…。
作家さんによって組み方は様々で興味深いです。でもハンダでミラーを固定するのは日本製のミラーやハンダでは難しいかな…
e0305824_16504017.jpg
作家さんの工房の道具はいつも興味深々… いろいろ盗撮(笑)
e0305824_16515169.jpg

e0305824_16520956.jpg
e0305824_16511690.jpg
ビールの空き箱にきちんとラベルを貼ってパーツを分類。
e0305824_11423734.jpg
e0305824_11424147.jpg
作りかけのパーツも♡
e0305824_16521772.jpg
グラインダーの数々・・・
e0305824_16512131.jpg

e0305824_16511896.jpg

e0305824_16512493.jpg
無造作に置かれたモールド発見!
e0305824_16521178.jpg
私も入れそうな大きな窯!
e0305824_16505798.jpg
ここから素晴らしい作品たちが生み出されていっているんですね♪
e0305824_16191674.jpg
さて、帰り際、ここはギャラリーなので全て非売品だけど、あの小部屋の窓辺にあったカラーリングブックの横にあった本はどこで売っているのかを聞いてみたら君にあげるよって言ってくれてサインしてもらえました!
e0305824_16192053.jpg
ラッキー♪みんなに羨ましがられたけどこれは譲れません。2冊しかなかったので私と私の会話を隣で聞いてた生駒さんだけゲットできました!
e0305824_16192389.jpg
この日の写真だけでもたくさんありすぎて…これだけに削ってまとめるのは大変でしたが、あの時の感動は頭の中で鮮やかに蘇ります。

いつか、また、なんて機会はないかもしれませんが、きっと忘れないので大丈夫。



生きるレジェンド、チャールズ・カラディモスの万華鏡の歴史、ほんとに素晴らしかったです。

チャールズ大好き♡ありがとう♡






*



[PR]
by prism200345 | 2016-05-03 23:45 | 出張レポート | Trackback

コンベンンション番外編 ①ストラスモア

コンベンションの会場のホテルを出て、私はひとりで万華鏡誕生200周年の展示を見に行ってきました。
e0305824_13010224.jpg
メトロに乗ってストラスモアの駅へ。緑がいっぱいで静かな場所です。
e0305824_15104769.jpg
こちらは12年前のストラスモア駅での友人と私。
風呂敷の中は日本から持ってきたコージーの著書(笑)
e0305824_13090270.jpg
ストラスモア・マンションに続く道。野うさぎ発見!見えるかな?
e0305824_13011957.jpg

小鳥やリスもいて楽しく緑の中の道を歩いていきました。
e0305824_13014032.jpg
小高い丘の上に歴史的な建物が見えてきました。ここが展示会場です。
e0305824_13014578.jpg
土曜日の午前中でしたが誰もいなくて静かでした。ゆっくりと館内を見ることができました♡
e0305824_13021804.jpg
e0305824_13023635.jpg

e0305824_13024062.jpg

e0305824_13024827.jpg

e0305824_13025129.jpg
e0305824_13031825.jpg
e0305824_14413180.jpg

e0305824_13025522.jpg
ざっと全体の写真をご紹介しました。とっても明るくて素敵な空間でしょ?
e0305824_13033629.jpg
ここはコージー・ベーカーさんが27年前に初めての万華鏡コンベンションを開催した思い出の場所。
e0305824_13050164.jpg
チェスニック作のコージーのパッチワーク作品も展示されてました。
ネックレスは本物の万華鏡☆
e0305824_13050368.jpg
万華鏡のキルトで有名なポーラ・ナーデルスターンさんの見事な作品もたくさん展示されていました。
e0305824_13050959.jpg
この3Dの万華鏡コラージュも素敵でした。どなたの作品かしら…
e0305824_13044888.jpg
私のアトリエにも貼ってあるポスターが2枚並んで展示されてました☆私も額装しなくちゃ☆
e0305824_13045010.jpg
ではでは展示されていた万華鏡の中からセレクトして一部ご紹介します♪

e0305824_13034752.jpg
これ、家具かと思ってスルーしそうになりましたが、よく見たら万華鏡だった!
e0305824_13035131.jpg
まるで宮殿みたいな内部映像☆
e0305824_13035316.jpg
チャールズ&コーキーウィークス…
e0305824_13061485.jpg
ペギー&スティーブ・キテルソン…
e0305824_13053060.jpg
ジュディス・ポール…
e0305824_13055481.jpg

窓辺に美しいスーリオの作品…
e0305824_13060245.jpg
階段の踊り場に展示されていたスコットコールさんの万華鏡。
e0305824_13025897.jpg
今回すごく気に入ってしまったフィル・コグヒルさんの作品たち…可愛い♡
e0305824_13060970.jpg
e0305824_15095734.jpg
映像の色合いもエキゾチックで魅力的でした。
e0305824_15100193.jpg
自分では決して出せない色と形。次のコンベンションに出てたら是非手に入れたいです!
e0305824_15100693.jpg
マークも3Dの万華鏡でエントリー。久々に見ました!
e0305824_15094751.jpg
周りのペイントも美しく、さすがのテクニックです。
e0305824_15095006.jpg
マークのペイントを額装したものも展示されていました。まさにマークの世界!マーク曼荼羅?
e0305824_15095472.jpg

中里さん、チャールズ、ジュディスの白い万華鏡で統一されたTable♪
e0305824_13054526.jpg
e0305824_15094388.jpg
シェリル・コックのステンドグラスのランプのような万華鏡。
e0305824_13063636.jpg
電動でオブジェクトが動き、バックライトで映像が写るので夜でも見れる万華鏡です
ます!もちろんランプとしても使えます♪
e0305824_13063808.jpg
スティーブン・グレイの作品。
e0305824_13064137.jpg
さすがの3D映像です。この作品が今回のプリズム賞です♪
e0305824_13064383.jpg
さて、万華鏡を大満喫してリフレッシュで空気を吸いにお庭に出ました。
e0305824_13065736.jpg
以前来た時にも見たガーデンスコープがありました!
e0305824_14483702.jpg
でも今はお花ではなく、鉢の内側に模様が描かれていて、それを覗く仕様になってました。
e0305824_13070302.jpg
本物のお花のような華やかさはありませんが、これはこれで渋くてイイですネ☆
e0305824_13074649.jpg
2ミラーと3ミラーかと思ったら、両方とも3ミラー???
e0305824_13074916.jpg
12年前のガーデンスコープの写真がありました!
e0305824_13080254.jpg
12年前に写真を同じポースで写真を撮った銅像もあった!
e0305824_15094012.jpg
楽しくて懐かしい思い出です。彼女たちはふたりとも今や1児の母です☆
e0305824_13085864.jpg
この後私たちはコージー・ベーカーさんの家へ招かれて夢のような時を過ごしました。
持参した本にも全てサインしてもらいました(^_^)v
その時のことも、いつかご紹介したいと思っています。


この、万華鏡の記念の場所へ、万華鏡の記念の年に再び来れたこと、その幸せに心から感謝です。。。






*





[PR]
by prism200345 | 2016-05-02 23:45 | 出張レポート | Trackback

2016コンベンションレポート Day4

コンベンションの最終日の午前中は授賞式。
今回は200周年を記念した万華鏡展のアワードの投票もあり
ピープルズチョイスアワード3人とサイレントオークションのアワードと
計5人の方の作品が選ばれました!
e0305824_18434270.jpg

最初に名前を呼ばれたのはイスラエル人の作家、ロイ・コーエンさん!
ストラスモアでの200周年の記念の万華鏡展での作品賞の受賞です!
e0305824_18444356.jpg

その次にサイレントオークションの作品から、マークティックルが選ばれました!
e0305824_18391387.jpg

そして、待ちに待った今回のコンベンションのピープルズチョイスアワードの発表!

なんと、私の右隣に座っていた小山さんが一番最初に名前が呼ばれましたっ!!!
もう・・・感動で・・・。感無量とはこのことでした。

次に名前を呼ばれたのは、ここ最近の常連、スティーブン・グレイ☆

そして、最後のひとりは・・・今度は私の左隣に座っていた山見浩司さんっ!
またまた大興奮!

師匠と弟子のダブル受賞!!なんと素晴らしい快挙!!!!

みんな揃って記念撮影タイム♪ブリュースター卿も入れて♪
e0305824_18435249.jpg

それでは受賞作をご紹介しまーす!

まず、ストラスモアでの200周年の万華鏡展のアワード。
イスラエルのロイの作品 「The Violet Firefly」
e0305824_19305492.jpg

筒がふたつ合体していますが、上の筒はライトで、チューブを照らして蛍光に輝かせ
オブジェクトが鮮やかな色彩の美しい映像になっています。
e0305824_19432851.jpg

ロイさんご夫婦はふたりともとっても素敵な方でしたが
万華鏡もやっぱりCool!カッコよく素敵でした!おめでとうございます!!!

今年も興味深いミラーシステムで驚かせてくれたスティーブン・グレイの作品はこちら。
e0305824_1948578.jpg

シャボン玉のような模様がポコポコしててユニーク!どうなってるのか不思議~
e0305824_19481484.jpg

そして日本人ダブル受賞の山見浩司さんと小山雅之さん。
e0305824_22365933.jpg

山見さんの今回の作品は200周年にちなんで燈台とデビットブリュースター卿の万華鏡。
e0305824_22444016.jpg

コンベンションの直前になるまで考えがまとまらず、それぞれ制作していてどっちを出そうか迷った挙句、合体してみたそうです!
e0305824_2214233.jpg

なので、サインが2箇所あります!
e0305824_22141149.jpg

そしてこちらが小山雅之さんの作品 「Stream of Time」
e0305824_22545542.jpg

万華鏡が発明されてから今日までの時の流れを表現しているのでしょうか…
オブジェクトの中にはブリュースターの写真や時計の針や歯車などが入っています。
e0305824_22565666.jpg

今回、小山さんの受賞はとても感動的で、受賞後は私も涙、涙でした。

実はアンベーリングの後、小山さんは会場から自分のブースに作品を運ぶ途中、オブジェクトケースを落として割ってしまったんです。
私の背後でガラスの割れる音がして振り向いたら、しゃがみこんで茫然と見ている小山さんと、破片を拾い集めてくれているBKSのメンバーたちの輪ができていました。

それを知ったチャールズやキャロリンがブースを訪ねてくれて、師匠の山見さんと一緒に何とかならないものか、修復の方法について知恵を出し合って模索していました。BKSの仲間は本当にみんな親切で温かい心の人ばかり。(写真はアイデアを出し合っている時の様子。)
e0305824_22293917.jpg

小山さんの悲劇はこの前にも起きていて、ストラスモアの万華鏡展に出品した作品のミラーが到着した時には割れていてたと連絡があり、映像が見れず展示してもらえなかったのです。

でも、結果的に、それが幸いしました。

今回はその破損した作品を持ち帰るべく、分解用の道具(ハンダごてなど)を持ってきていたのです。
しかもその作品のオブジェクトケースは無事だったのです。

そこで小山さんは午後からふたつのオブジェクトケースを分解し、オブジェクトを入替え、厚みの調整をして、数時間後には皆さんに見ていただくことができるようリペアできたのです!!!

魂を込めて作った作品がふたつも割れてしまったショックは計り知れません。
満身創痍の背中を見て私も泣いてしまいました。

でもそんなボロボロ状態の心から、ひとつのリペアの可能性という燈台の光をみつけた後の
小山さんのコンセントレーションは、それは凄まじいものでした。これが気迫の波動かと。

そして、最後に待っていた初受賞。。。ほんとに感動的でした(号泣)


***


ラストはサイレントオークションのアワードを受賞したマークティックルの作品をご紹介。
e0305824_2072649.jpg

覗き穴にデビットブリュースター。
e0305824_2074224.jpg

映像はめずらしく4ミラーシステム。
e0305824_2082196.jpg

先端にもブリュースター。
透明の筒のように見えますが、ガラスの透明なシリンダーにミラーが組み込まれています。
e0305824_2083919.jpg

万華鏡の中にミニチュア万華鏡が。これも半分だけが本物で鏡に映ってひとつに見えます。
e0305824_20102628.jpg

200周年にふさわしい、細部にまでこだわった素晴らしい作品でした。
おめでとうございます!

サイレントオークションの作品たちはこんな風に会場の隅に並べられています。
e0305824_20113976.jpg

最後に私のイチバンをご紹介します!プリズムチョイスアワードは・・・
e0305824_2329113.jpg

「Beyond Infinity」 チャールズカラディモスの作品です。
e0305824_2012315.jpg

ヒュージング&スランピングで表現されたメビウスの輪。永遠の象徴ですね。
e0305824_20121047.jpg

映像の輪郭にもうっすらと並ぶメビウスの輪。素晴らしい表現と技術です。
e0305824_20121876.jpg

どんな方の元にお嫁入りしたのかしら・・・

値段はどんどん上がり、最初からエントリーは諦めていたので
時間の許す限り、一番長く覗いていた万華鏡です。

永遠のその先。
想像もつかない世界です。

この万華鏡の映像のように美しく暖かく幸せな気持ちが
ずっとずっと続くといいな・・・





*
[PR]
by prism200345 | 2016-05-01 23:45 | 出張レポート | Trackback
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク