プリズムの万華鏡日誌


プリズムは閉店しましたが、これからも万華鏡の魅力をお伝えしていきたいと思います
by prism200345
プロフィールを見る

<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

押し花のホイールスコープ

ホイールスコープ展より
押し花作家のmikusaさんとprismいしこゆかの
コラボ万華鏡をご紹介します。
e0305824_1515044.jpg

ボディはmikusaさんの押し花のブーケをスキャンしたもの。
押し花のホイールを先端につけてゆっくりと回しながら覗きます。
e0305824_1544069.jpg

このコラボ万華鏡は、mikusaさんがプリズムのお隣のギャラリースペースで
個展をされていた時に、その優しい色合いに見惚れてしまい
ぜひコラボで作品を作らせていただきたいとお願いして実現したものです。
e0305824_1544785.jpg

どの押し花もひとつひとつ違って、それぞれがとても素敵です。
e0305824_1545623.jpg

覗くとこんな感じです。
e0305824_1551790.jpg
e0305824_1552840.jpg
e0305824_1554165.jpg
e0305824_1555019.jpg

お花だけ見ていても宇宙を感じるのですが
万華鏡で覗くと、さらに宇宙度が増します!

10センチくらいの万華鏡なので覗き穴にレンズを使っているため
お花の細部が拡大されて見えてその精巧な作りにも感動しました。

飾っておくだけでも可愛いこの押し花のホイールスコープ、
お花を贈りたい時のプレゼントにぴったりですよー。
[PR]
by prism200345 | 2014-04-26 14:26 | プリズム日誌 | Trackback

コージーベーカーのコレクション①

ホイールスコープ展より
コージーベーカーのコレクションスコープをご紹介します。

e0305824_16422837.jpg

このホイールスコープは、2005年に開催された
万華鏡のコンベンション20周年のイベントで
憧れのコージーベーカーさんのお宅におじゃました時に、
コレクションの一部を販売していて
購入させていただいたもののひとつです。
e0305824_16423742.jpg

ついてた値札シールもそのまま思い出として残してあります。

色とりどりのガラスが散りばめられているホイールは
2重構造になっていて、オブジェとしてもキレイ~
e0305824_16425222.jpg

映像はこんな感じです↓
e0305824_16431054.jpg
e0305824_16431814.jpg
e0305824_16432685.jpg


美しい私の大切な宝物です。

今だけ公開中♪
ぜひ見に来てくださいね☆
[PR]
by prism200345 | 2014-04-25 14:25 | myコレクション | Trackback

ホイールスコープ展

4月24日から5月19日までは「ホイールスコープ展」です。

e0305824_15431838.jpg


ホイールスコープとは
筒の先端につけたホイールを回して覗く万華鏡です。

ひと周りしたらまた同じ映像になってしまうので無限ではないのですが
オブジェとしての美しさは抜きんでています。

これから少しずつその魅力をご紹介していただきたいと思います。
[PR]
by prism200345 | 2014-04-24 14:24 | イベントのご案内 | Trackback

江戸の異国万華鏡

お客様からご紹介いただいてMIHOミュージアムで開催中の
「江戸の異国万華鏡」という展示を見てきました。
e0305824_17381075.jpg

お天気は曇りでしたが、しだれ桜がちょうど満開!
e0305824_17384581.jpg

入口から展示室まですっとしだれ桜の道が続いていました。
e0305824_17385512.jpg

しだれ桜の向うに見える藪椿がまた綺麗でしたー。
e0305824_17391654.jpg

そしてこちらが館内の入り口。天井も幾何学模様で素敵。
e0305824_1748162.jpg

外は写真撮ってもいいですと言っていただけたので、入口のとこだけ撮影。
e0305824_17395518.jpg

実際の万華鏡は展示されていなかったのですが
古い美しい更紗やびいどろなど、心惹かれる展示がいっぱいでした。
e0305824_1740679.jpg

左上の万華鏡模様はデジタル映像の万華鏡。色も形も刻々と変化してました。
e0305824_17401666.jpg

帰り道に「三筋の滝」なる看板を発見。降りてみることに。
e0305824_17403125.jpg

水量も多く、三筋以上の滝が見れました☆
e0305824_1740468.jpg

ここにもかわいい藪椿がいっぱい♪
e0305824_1741386.jpg

写真では撮れませんでしたが、赤くて小さな椿の花が点々と可愛かったです。
e0305824_174116100.jpg

おいしい空気と綺麗な景色を堪能してきました(*^_^*)
[PR]
by prism200345 | 2014-04-22 22:22 | プリズム日誌 | Trackback

11年目のご挨拶

プリズムが2003年4月5日にオープンして
今日で11年経ちました。

最初は万華鏡カフェをやろう!と思って
覚王山アパート住人に応募したのですが
選ばれた後で「カフェではなく万華鏡のお店で」と言われ
迷い、悩んだ末、やってみる決意をしました。

それから今日まで瞬く間に過ぎていきました。

万華鏡をご紹介したり、販売したり
ワークショップを企画したり
とても楽しい10年余でした。

出会った皆様すべてに感謝しています。
ありがとうございます。



2011年、
東日本大震災の後、
私の体にガンが見つかりました。

命についてたくさん考える年となりました。


おかげさまで、術後の経過もよく、
プリズムに復帰できていますが
またいつ再発し、休むことになり、
色んな方に迷惑をおかけするかもしれないので
元気なうちに万華鏡のお店としてのプリズムを閉店する決意をしました。

しばらくゆっくり休んで、元気に自信が持てるようになったら
いつか最初の夢だった万華鏡カフェができたらいいな、と思っています

お休みになったら、近い将来、夢を実現できるよう
いっぱい充電したいと思っています。

まずは覚王山アパートでのプリズムの残りの時間を
じっくりじっくり味わいたいと思っています。

残された数か月間、精一杯頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。



               プリズム いしこゆか
[PR]
by prism200345 | 2014-04-05 23:45 | プリズム日誌 | Trackback

春の万華鏡教室

春休みももう終わりですね。。。
開催が遅れてしまった春休み万華鏡教室を
「春の万華鏡教室」とタイトルを変えて
ご案内をさせていただきます。


   *春の万華鏡教室*


お花のような映像のオイルワンドスコープを作ります。
5歳くらいから大人までご参加いただけます。

参加費:1300円
開催日:4/5(土)~5/6(祝)  ※予定人数に達した時点で終了となります。
     ※4/12(土)13(日)は覚王山春祭のため、開催いたしません。
        (お祭り特別教室:テレイドスコープを作ろう! 800円)

e0305824_1717685.jpg

ちょうど見本を作ろうと準備していた時に
万華鏡教室常連のめぐみちゃんがご来店。
「やりた~い!」ということで、一緒に作ることに。
e0305824_1710119.jpg

サンプル画像にするため写真を撮らせてもらい、
さて、UPしようと思ったら今度はご近所の一倫さんのお孫さん
ののかちゃんが「万華鏡作りに来たよ~」とご来店。
e0305824_17102751.jpg

ふたりの作った映像をサンプル画像にさせていただくことにしました☆

e0305824_17272174.jpgめぐみ作品


e0305824_17314786.jpgののか作品


e0305824_1732192.jpgいしこ

e0305824_1733446.jpg

色とりどりの細かいビーズの中から1色を選んでいただいて
その中にビーズやスパンコールを入れて作ります。
e0305824_17331493.jpg

最後の仕上げは切り絵です。
紙を折ってはさみで切って広げて…どんな模様ができるか楽しみ!
これを本体に貼りつけて完成です☆


開催期間中でご希望のお時間をご予約承ります。

ご用意した数に限りがありますので
予定人数に達した時点(30名)で終了となります。
ご予約はお早目に☆

 

  プリズム (052)761-9750 
  営業時間  11~18時 火曜・水曜お休み



♪ご予約お待ちしています♪
[PR]
by prism200345 | 2014-04-04 14:44 | 万華鏡教室のご案内 | Trackback

「パレード」 佐藤元洋作品展より

この万華鏡が「パレード」と名付けられたのは
私のところにきてからたぶん1年後くらいだったと思います。
それまでは名前のない私の大切な宝物だったのです。
e0305824_14595632.jpg

このかわいい小さな万華鏡は私のリクエストで作ってもらいました。
佐藤くんが園田さんと名古屋に来てくれた時に
その当時名古屋港にあった「イタリア村」をご案内し
その中にあった「ベネチアガラス美術館」を一緒に見たのです。

そこで展示されていた脚がレース棒でできたワイングラスを見て
「綺麗~!!!」と感動していたら、佐藤くんが「俺でも簡単にできる」
と豪語されたので、「えーじゃあ、こんな外見の万華鏡作って!!!」
とお願いしたのです。売り言葉に買い言葉?で作っていただいたのです(笑)

プリズムにいらっしゃるお客様にお見せしていたら
みなさん欲しい~とおっしゃるので、
次の作品展の時にはこれを商品化して欲しいと頼みました。
その時に「パレード」と名付けられたのです。

でも、私の持ってる小さいサイズの万華鏡はもう作れないそうで
プリズムで久しぶりに見ては「よくここにミラー入れたなあ~」
と自分で自分に感心している程。

この頃は佐藤くんが卒業したガラスの学校で作っていたのですが
今は自分の工房で制作しているため、この万華鏡はもう作れないとか。
とても貴重な万華鏡になってしまいました。

e0305824_1511220.jpg

e0305824_1511933.jpg

e0305824_1512722.jpg

e0305824_1513466.jpg



映像もとってもラブリー♪
可愛い可愛い私の宝物です♪
[PR]
by prism200345 | 2014-04-04 14:44 | myコレクション | Trackback

「スノードロップ」 佐藤元洋作品展より

佐藤さんが2013年のコンベンションに出品されていた
この「スノードロップ」に一目惚れ!約1年を経てやっと手元に届きました。
e0305824_14133965.jpg

このオブジェクトケースの上に載っているのが園田さんの銀線細工の
スノードロップ、日本名でマツユキソウです。
e0305824_14134542.jpg

コンベンションで見たものは7pointだったので、
雪の結晶と同じ6pointでリクエスト。
e0305824_1414138.jpg

乳白色と青緑でキレイ~♪癒されます♪
e0305824_1413534.jpg

こちらが実物のスノードロップの写真です↓
e0305824_14453764.jpg


コンベンションの時に佐藤くんが話してくれたスノードロップの伝説を
調べてみました↓

【ドイツでのスノードロップ伝説】
神様が天地創造したとき、あらゆるものに色を与えられました。
ところが、雪にだけは何の色もついていませんでした。
そこで雪は神様のところへ行って「色をつけて欲しい」と頼みました。
すると神様は、花達に色を分けてもらいなさいと言いました。
雪は神様の言うとおりに花達に色を分けてと頼みました。
ところが花達は皆、雪に自分達の色を分けてくれませんでした。
悲しみにくれる雪に、スノードロップだけが「自分の白い色でよかったら」
と色を分けてくれました。それで雪の色は白くなったのだそうです。
そしてそれ以来、雪はその恩返しとして、スノードロップの生えているところには
雪を降り積もらせず、守ってくれているのだということです。
e0305824_1451788.jpg

スノードロップの周りだけ、雪が溶けていますね。
それでこの伝説が生まれたのでしょうか。

幼いころ読んだ「森は生きている」で、少女が森に探しに行った花が
マツユキソウ=Snowdropだと、この機会に知りました。
不思議なお話で大好きだった記憶があります。
何十年ぶりに読んでみようかな?

素敵なエピソードのついた、私のお気に入りのコレクションになりました☆
[PR]
by prism200345 | 2014-04-03 14:43 | myコレクション | Trackback

「銀詩」 佐藤元洋作品展より

佐藤元洋さんの万華鏡展より「銀詩」をご紹介します。

e0305824_134999.jpg

銀箔に覆われたガラスの筒は気品があります。覗き穴はティアドロップ型です。
e0305824_13491941.jpg

オブジェクトは、ガラスビーズとともに
佐藤さんのパートナー、園田知暁さんの銀線細工が入っています。
e0305824_1349579.jpg

銀線が美しい影絵の幾何学模様を作り出しています。
e0305824_13493950.jpg

ステンドグラスの作品を眺めているような感覚になります。
e0305824_13494887.jpg

ドキッとする程の優艶な映像。とりこになってしまいます。
[PR]
by prism200345 | 2014-04-02 14:42 | プリズム日誌 | Trackback

「二重奏」 佐藤元洋作品展より

佐藤元洋さんの万華鏡展より「二重奏」をご紹介します。
e0305824_1320545.jpg

こちらはふたつで二重奏なのではなく、ひとつの万華鏡で二重奏なんですよ。
e0305824_13241830.jpg

なぜ二重奏なのか。この映像からおわかりになりますか?
e0305824_13262728.jpg

ガラスのオブジェクトの向う側にもやもやっと色が見えませんか?
e0305824_13264039.jpg

写真だとわかりにくいかもしれませんが、オブジェクトが二重になっているのです!
e0305824_1327165.jpg

そしてこちらがさらに大きな二重奏。パーラータイプにしてもいいくらいの大作。
e0305824_13195095.jpg

外からではわかりませんが、オブジェクトケースが二重構造になっているのです。
e0305824_1334890.jpg

この見えているガラスオブジェクトが覗いた時にもやっと見える色になります。
e0305824_13341827.jpg

クッキリ見えるガラスオブジェクトは外からは見えなくて下層に入っています。
e0305824_13342814.jpg

ベアリングを入れているので、ドライタイプなのに回した後じわーっと戻り
まるでオイルタイプのようにゆっくりと変化します。
e0305824_1334386.jpg

オイルタイプの滑らかさとドライタイプの透明感が両方味わえるという点でもまさに「二重奏」ですね。
佐藤元洋さんの技術が凝縮された名作です。
[PR]
by prism200345 | 2014-04-01 14:41 | プリズム日誌 | Trackback
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク