プリズムの万華鏡日誌


プリズムは閉店しましたが、これからも万華鏡の魅力をお伝えしていきたいと思います
by prism200345
プロフィールを見る

カテゴリ:プリズムのご紹介( 9 )

プリズムの万華鏡日誌

2015年の春からプリズムは12年間お世話になった覚王山アパートを卒業し
万華鏡教室を開催したり、万華鏡展の企画をしたり、万華鏡を制作したり…
いろいろ自由に動き回っています。

今後の活動はこのブログで発信していきます。
(※このページの次の記事が最新です)
各ジャンルにごとの記事はこちらから飛べます↓

*万華鏡教室のご案内 *イベントのご案内 *出張レポート *プリズム日誌
e0305824_02557.jpg
お店はなくなりましたが万華鏡に関するお問い合わせ・ご相談はどうぞお気軽にご連絡ください。
e0305824_0252155.jpg


これからもどうぞよろしくお願いします。

プリズム いしこゆか










*

[PR]
by prism200345 | 2019-12-31 23:45 | プリズムのご紹介 | Trackback

㊗万華鏡200周年!

e0305824_1252658.jpg

万華鏡に魅せられて十数年。
最初はひとりでコレクションを楽しんでいたけど
だんだんお友達やもっともっといろんな人にこの魅力を伝えたくて
万華鏡のお店プリズムをオープン。
そこでたくさんの素晴らしい経験と出会いがあり、
万華鏡は私の人生をカラフルなものにしてくれました。

そして、ことしは万華鏡が発明されてからちょうど200周年。
万華鏡に出会えたことと、この年に生きていられる幸運に感謝しながら
今年1年はたくさんの人たちと万華鏡を一緒に楽しみたいと願っています。

今年のイベント用に、こんなカードを作ってみました。
これを持っていろんな場所へ赴きたいな、と思っています。
活動はこのブログでご紹介していきますので
ご覧いただけたら嬉しいです。

この次の記事が最新です。が、過去にさかのぼって更新したりもしています(^^;
カテゴリー別はこちら↓をクリックしてください072.gif

プリズム日誌 *万華鏡教室のご案内 イベントのご案内 出張レポート 

e0305824_1245196.jpg


現在は店舗をもっていないので、どこへでも出張いたします♪
お気軽にお問い合わせください♡

e0305824_20403312.gif







email: kaleidoscopeprism@gmail.com
tel : 052-761-9750




※ご注意
携帯に転送しているので、留守電になりません。
必ず番号を通知しておかけください。
出られない時は折り返しご連絡させていただきます。

[PR]
by prism200345 | 2016-01-01 23:45 | プリズムのご紹介 | Trackback

12年間ありがとうございました

プリズムは2015年1月末で閉店し
覚王山アパートを卒業いたしました。

たくさんのお客様が最後を惜しんで来てくださり
お花やプレゼントをいっぱいいただき
こんなに愛していただいて、ただただ感激です。
本当にありがとうございました。
e0305824_17581987.jpg

いただいたお花を飾らせていただいて、
蔵出しセールをしている玄関ぎゃらりいがまるでお花屋さん!
e0305824_17583164.jpg

お家もこんな感じ。プレゼントの山。幸せ~♪
e0305824_17585897.jpg

大家さんからはシャンパン、お客様からもワインをいただきました。
e0305824_1759783.jpg

閉店後、覚王山アパートの仲間たちからくす玉とクラッカーでお祝いされました。
e0305824_1432749.jpg

e0305824_1435576.jpg

新しい門出をみなさんに祝っていただいて私は本当に幸せ者です。
この気持ちを忘れずに、これからの道を進んで行きたいと思います!
みなさまに心から感謝しています。
ありがとうございました。
[PR]
by prism200345 | 2015-02-03 02:33 | プリズムのご紹介 | Trackback

これからのプリズム

e0305824_1401858.jpg


昨年から決意していたのに唐突なお知らせになってしまいました。


2015年1月、毎年恒例の「雪の結晶展」を最後にプリズムを閉じます。


11年目のオープン記念日にお伝えしようと下書きをして
そのままになっていました(→11年目のご挨拶)

万華鏡はスコットランドの物理学者デビット・ブリュースターにより
1816年に発明されました。2016年が200周年になります。

2016年にいろんなところで万華鏡誕生200年を祝うイベントをしたい!
という思いと、近い将来日本で万華鏡のコンベンションをという話があったので
その時にはそのために働きたい!と思っていました。


私はプリズムをやりながら別のお店やイベントを色々やった結果
病気になってしまいました。
同じ轍は踏みたくないし体力的にも無理なので
これからはやりたいことをひとつずつ、ていねいにやりたいという思いで
10年の節目の年に来年を最後にしようと決意をした次第です。

先日、2017年のコンベンションが京都で開催されることに決まりました。
みなさんも3年後のイベントを今から楽しみにしていてくださいね。

これからの活動はこのブログで報告させていただきます。
よかったら時々のぞいてみてくださいね。

先日仙台に行った時に万華鏡作家の佐藤元洋さんにお会いしたら
佐藤さんから「また名古屋に行くよ!」と言ってくださいました。
お店はなくなっても、ワークショップは時々企画しようと考えていますので
同窓会みたいに皆さんにお会いできたら嬉しく思います。

それではあと3ヶ月あまり
誰より私自身がプリズムを満喫したいと思っています。

みなさんもお時間ありましたら閉店前にのぞいてくださいね。
お待ちしています♪
[PR]
by prism200345 | 2014-10-20 10:20 | プリズムのご紹介 | Trackback

プリズムのアドレス

〒464-0064
名古屋市千種区山門町1-13 
覚王山アパート1階 プリズム
電話(052)761-9750 
営業時間:11時~18時 
火曜・水曜定休 
e0305824_14594938.gif

e0305824_1534742.gif

地下鉄「覚王山」駅1番出口を出るとスターバックスが見えます。
その角を右に曲がるとそこが日泰寺の参道です。
参道を歩いて半分くらいのところに「覚王山アパートこちら」の
看板が置いてあります。そこを左へ曲がります。
少し坂を下った1本目の道を右に曲がると右手にある古いアパートが
覚王山アパートです。寄り道せずに歩けば駅から徒歩5~6分です。
プリズムは覚王山アパートに入ってすぐ左のお店です。
お待ちしています♪
[PR]
by prism200345 | 2013-04-08 15:15 | プリズムのご紹介 | Trackback

プリズムは万華鏡のお店です


プリズムは万華鏡のお店です。

名古屋の覚王山という街の日泰寺というお寺の参道から
1本西側にある「四観音道」という古道沿いにある
「覚王山アパート」というレトロなアパートの1階にあります。

万華鏡に魅せられた店主いしこゆかのコレクションの展示と
おもちゃからアートとしての万華鏡まで
国内外の万華鏡を展示・販売しています。

万華鏡作家さんの作品展やテーマを決めた万華鏡展や
作家さんをお招きしてのワークショップなども企画しています。

いつでも体験できる万華鏡の手作り教室も随時開催しています。
※詳しくは「万華鏡の手作り教室のご案内」のカテゴリをご覧ください





壊れたものを見ると人は不安になり
整ったきれいなカタチを見ると心は安定します。
万華鏡には心を落ち着かせる力があると私は感じています。

無限に広がる小さな穴の中の宇宙を
ぜひ見にいらしてください。

お待ちしています。
[PR]
by prism200345 | 2013-04-05 13:57 | プリズムのご紹介 | Trackback

プリズムをはじめるまで

万華鏡のコレクターとなった私は
東京にある万華鏡専門店や作家さんの個展に行って購入したり
日本万華鏡倶楽部に入って万華鏡好きの方々と友達になったり
万華鏡を作ってみたりするようになっていました。

でもだんだん、自分ひとりでのぞいているよりも
友達に見せて「キレイ~!」と言ってもらったり
覗いてる時の笑顔を見たりする方が楽しいことに気づきました。

それで、友達以外の人たちにも見てもらいたい!と思い
私のコレクションを見ながらお茶をする「万華鏡カフェ」をやろう!
と思い立ち、お店をやるなら大好きな覚王山で、と物件を探し始めました。

もともと、覚王山の隣の駅、本山に住んでいた私。
子どもの頃、親とケンカすると家を飛び出し、
気象台の辺りや覚王山を歩き回り、気が鎮まると帰宅していました。

大人になってからでも煮詰まった時や考え事をしたい時は
覚王山をブラブラ散歩していました。
私にとって覚王山は心を落ち着かせてくれる街なのです。

でもなかなか物件が決まずにいた時、覚王山在住の友人から
覚王山新聞に覚王山アパートの募集が載ってるよ
と教えてもらい、これだ~!と大興奮して応募しました。

そしてたくさんの応募者の中から選んでいただけたのです。

でも、応募用紙に「万華鏡カフェをやりたい」と記入していたのに
合格後の面接で「雑貨カフェの子がいるので万華鏡を販売するお店を
やってください」と言われてしまいました。

それから3日間万華鏡を売る店をやるか・やめるかの2択で悩みました。

悩んだ結果、ファーストステップとして万華鏡のお店をやり
そしてまたいつか、万華鏡カフェをやろうと決めました。

それからオープンまでの1ヶ月くらいで
万華鏡の仕入先を探すことから始まり、バタバタと開店準備をして
なんとかオープンすることができました。

こうしてプリズムは誕生し、今日で10年目を迎えることができました。

この10年は、ほんとにあっという間でした。
辛いことや苦しいことも、好きなことなら全部楽しい
私は本当に幸せです。

家族はもちろん
たくさんのお客様、万華鏡作家さんたちに支えられて今ここにいます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

みなさま本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

いつか万華鏡カフェ、やりたいです。


                    2013年4月5日
[PR]
by prism200345 | 2013-04-05 13:39 | プリズムのご紹介 | Trackback

万華鏡との出会い


その頃、私は眠れない日々を過ごしていました。

夜、眠くはなるのに、ベットに入ると色々な思いが駆け巡り
朝まで眠れない。連日そんな状態でした。

これは病院にでも行って、睡眠導入剤をもらうべき?と考えたり
でも、薬がキライで、風邪をひいても自然に治るのを待つ私が
睡眠薬なんて・・・と迷っていました。

そんなある日、会社のおつかいで、文房具を買いに行くことに。
そしたらそこで「万華鏡展」をやっていたのです。
買い物ついでにチラっと見て行こうと思って
ひとつ、素敵な外観の万華鏡を手にとってのぞいてみました。

すると、そこには、とても美しい、幻想的な世界が広がっていました。

どれくらいの間見ていたのか、一瞬なのかずーっとなのか
時間もわからないくらい見入ってしまい
ハッと我に返り、おつかい途中だったことを思い出し
慌てて会社に戻ったのでした。

その夜、いつものようにまた眠れないんだろうな~と思ってベットに入り
今日みた万華鏡、きれいだったな~と映像を思い出していたら
知らぬ間に眠っていて、目覚めたら朝でした。

久しぶりのグッスリ睡眠で、心も体も元気を取り戻した私は、
昨日見たあの万華鏡は私に必要!!!と張り切って
会社が終わるのを待ってお店に駆け込みました。

そしたら告げられたのは
「昨日が最終日だったのです」というショックな言葉。
けっこう高かったから買うのに決意したのに拍子抜け。
それでその万華鏡展を主催しているお店を聞き出しました。

そしてその勢いで週末教えてもらった東京のお店に行き、
私が欲しい万華鏡を必死に説明したところ
ここにはないけど全国の展示会で回っているものの中にあるので
それを売約済みにして、次の名古屋の万華鏡展の時に
持って行きますと約束してくださった。

それは夏の出来事で
私は冬にその念願の万華鏡を手にすることができました。

でも、あの日以来、私は夜眠れるようになっていました。
万華鏡がなくても、いつでも頭の中でその美しい映像を再生でき
初めて見た時の感動を今でもいつでも思い出せます。

だけどやっぱり実物が最高!

万華鏡って不思議!万華鏡はスゴイ!

というわけで
そして私は万華鏡をいっぱい集める人になったのでした。
[PR]
by prism200345 | 2013-04-05 13:03 | プリズムのご紹介 | Trackback

やっとブログはじめました☆

オープンしてから今までずっと
「覚王山アパート」のホームページの中の
「プリズム」のコーナーで情報を発信してきましたが
プリズムだけのブログを作ろう!と思って
それからずいぶん時が経ったてしまいました・・・

10年目の今日スタートを目標に少しずつ準備をしてきましたが
これからも日々の雑務に追われなかなか更新できなかったり
一気にupしたりと波があると思いますが
少しずつ書いていきたいと思っています。

時間設定ができるらしいので
これからのイベントのご案内や日々の営業日誌だけでなく
お客様から見たい!という要望の強い万華鏡教室の様子や、
万華鏡展の訪問記、コンベンションのレポートなども
過去に遡って少しずつUPしていきたいと思っています。

そのため最新の記事は更新されていなくても
過去の記事が増えていく現象が起こっていくと思います。
よかったらカテゴリーごとにチェックしてみてくださいね。


それではどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by prism200345 | 2013-04-05 04:05 | プリズムのご紹介 | Trackback
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク