人気ブログランキング |

プリズムの万華鏡日誌


プリズムは閉店しましたが、これからも万華鏡の魅力をお伝えしていきたいと思います
by prism200345
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

プリズムの万華鏡日誌

2015年の春からプリズムは12年間お世話になった覚王山アパートを卒業し
万華鏡教室を開催したり、万華鏡展の企画をしたり、万華鏡を制作したり…
いろいろ自由に動き回っています。

今後の活動はこのブログで発信していきます。
(※このページの次の記事が最新です)
各ジャンルにごとの記事はこちらから飛べます↓

*万華鏡教室のご案内 *イベントのご案内 *出張レポート *プリズム日誌
e0305824_02557.jpg
お店はなくなりましたが万華鏡に関するお問い合わせ・ご相談はどうぞお気軽にご連絡ください。
e0305824_0252155.jpg


これからもどうぞよろしくお願いします。

プリズム いしこゆか










*

# by prism200345 | 2020-12-31 23:45 | プリズムのご紹介 | Trackback

大型台風接近中🌀

強い勢力の台風が近づいて来ていて、鉄道の運休やデパートなど商業施設やレジャー施設の臨時休業のニュースが流れています。

開催中の万華鏡展も今日はお休みにしようと思いましたが、今日行く!と言ってくださっていた人もいるので、オーナーさんにお願いして午前中だけオープンすることになりました。

くれぐれも無理してお越しいただかないようにしてくださいね。
私たちは会場の近くに住んでいるので、オープンから今までゆっくり見る時間も余裕もなかったので、今日は撮影したり、ゆっくりしたりしてきます。
e0305824_08594862.jpg
台風っぽい映像の万華鏡ってあるかな?とちょっと考えましたが、そんなのなくて、銀河系みたいな映像を鏡で作れたらいいのにとか。

写真は今月ワークショップ開催予定の山見浩司さんのスペーステレイド。
台風の目ではないけど、光を放っているような、集まっているような不思議な映像。

ワークショップの空席はまだあります。

今日は午後から、万華鏡展の様子などUPできたらと思っています。

では今から行ってきます。

嵐が何事もなく過ぎ去り、みなさんが無事でありますように・・・









# by prism200345 | 2019-10-12 08:08 | プリズム日誌 | Trackback

【訂正あり】秋のスペシャルワークショップのお知らせ

肝心の応募のメールアドレスが間違っていました💦
応募しても届かなかった方がいらっしゃったかもしれません。
大変申し訳ありません。若干まだ空席ございますので、お問い合わせくださいm(__)m



日本の万華鏡界のキング&クイーンが名古屋に来てくださることになり、大変興奮しています!

10月5日(土)~21(月)まで、万華鏡日本伝来200周年記念万華鏡展を開催しますが、そこでは大きくて繊細でとても高価な万華鏡も何点も展示されます。
その中でも山見浩司さんと中里保子さんは自分で手運びしたいということで、名古屋まで万華鏡を引き取りに来てくださることになりました。
それならば!ということで、万華鏡教室もやっていただけることになりました!!!
e0305824_16462489.jpg
まずは万華鏡展終了の翌日に山見浩司さん。ひとつめは予告してましたが、去年マツコの知らない世界で紹介され、マツコさんもお買い上げされて以来、人気が止まらない「スペーステレイド」を作ります。7色の光を放つ惑星のような魅力的な万華鏡です。
何年か前にプリズムで開催したことがありますが、まだその頃万華鏡に出会っていなかった方たちのためにリピート開催です!
e0305824_16462072.jpg
そして、もうひとつは初登場の「スターライオン」です。
e0305824_09295695.jpg
マグネットで着脱できるホイールスコープです☆
e0305824_09295972.jpg
ミラーシステムは5ポイントの3ミラー。オブジェクトを何度も入替できるのがいいですネ☆
e0305824_09300105.jpg
星のような5ポイントなのでスター、そして山見さんの代表作「ライオン」シリーズに似ているから「スターライオン」という名前なのかな?
「ライオン」より「スターライオン」の方が大きさは倍くらいでお値段は半額くらい(笑)
e0305824_09301302.jpg
こちら仙台万華鏡美術館蔵のライオン↑私のコレクションのライオン↓
e0305824_09301658.jpg
そして25日(金)中里保子さんに教えていただけるのは「オーバルクラシックG」
e0305824_09300827.jpg
本体はヘアーライン加工されたステンレスで、装飾は真鍮の金色墨流しメッキ。
e0305824_13172514.jpg
映像は中里保子さん独特のミラーシステム。透明なガラスの柱が立ち上がり、オブジェクトの色も映り込んで幻想的な映像を創りだします。オブジェクトは中里さん自ら製作したランプワークの美しいガラス細工!直にオブジェクトを見れるのも貴重な機会ですね!
e0305824_09301144.jpg



* * * * *

秋のスペシャル万華鏡ワークショップのご案内

A.10月22日(祝)13:30~ 
スペーステレイド 8,000円+税

B.10月22日(祝)15:00~ 
スターライオン 18,000円+税

C.10月25日(金)14:00~ 
オーバルクラシック 16,000円+税

場所:三ツ山猫ストア (アクセス

定員:各回8名ずつ


* * * * *



バタバタと決まったこともあり、告知から開催日まであまり日にちがなく申し訳ありません。
しかし定員が少なく満員必至!
・・・というわけで、ご予約はお早めに♪

ご予約はメールにて承ります
kaleidoscopeprism@gmail.com


①ご希望のワークショップ(ABC)②お名前 ③当日連絡のとれる携帯電話番号

以上3点を明記してメールにてお申込ください。
ご不明な点などもお気軽にお問い合わせくださいね。

♡ご予約お待ちしています♡


【訂正しました】












# by prism200345 | 2019-09-30 23:45 | 万華鏡教室のご案内 | Trackback

待ちに待った万華鏡たちが届きました°˖✧°˖✧˖°

以前からご注文を承っていた万華鏡たちが届きました。
ご予約いただいていたお客様たちにはこれからご連絡をさせていただき、来月開催の万華鏡展期間中にお渡しできればと思っています。

何かと気忙しい日々を送っていますが、この万華鏡たちが私の気持ちを鎮めてくれています。

長い間ずっと待ってくださっていた方たちの手に早くお届けしたいという気持ちと、名残り惜しい気持ちが交錯しています。
実物には叶いませんが、写真に収めましたので、この美しさをみなさんともシェアしたいと思いUPします。お楽しみください♡
e0305824_16594639.jpg
e0305824_16594374.jpg
e0305824_16594142.jpg
e0305824_16593903.jpg
e0305824_16592409.jpg
e0305824_16592668.jpg

e0305824_16593059.jpg
e0305824_16593218.jpg
e0305824_16593440.jpg
e0305824_16595636.jpg
e0305824_16595441.jpg
e0305824_16595212.jpg
e0305824_16594922.jpg
e0305824_16594797.jpg
ほんと繊細で美しいですね。。。

ご予約されていらっしゃる方はご自分の待ってる万華鏡だ~とわかっていただけると思います。ひとつずつ少しずつ違いますので、早くいらっしゃった方からお選びいただきますね。

この画像を見て「欲しい~~~」と思われた方、残念ながら今はもうご予約は承っていません。が、来年名古屋で個展をしていただけるので、そちらを楽しみにしていてください♡


万華鏡伝来200年記念巡回展では300点ほどの万華鏡を販売します!
そちらもどうぞお楽しみに♡






※今回ご紹介した万華鏡は来月の万華鏡展での展示はなく、原則ご覧いただけませんが、ご予約された方がお引き取りいただくまでの間、会場が空いている時間でしたらご覧いただくことも可能ですので、ご希望の方はお申し出ください。ご希望に添えない場合もありますことをご承知おきください。




















# by prism200345 | 2019-09-25 23:45 | プリズム日誌 | Trackback

Bunkamura30周年記念万華鏡展2019

おそらく日本で一番大きな万華鏡展で、私がお知らせしなくても皆さんよくご存知であろうBunkamuraでの万華鏡展がいよいよ始まります!今年はBunkamura30周年記念ということもあり、公募展があったり、いつものように国内外の万華鏡作家さんの1000点ほどの万華鏡が並ぶ、見応えたっぷりの万華鏡展です!
Bunkamura30周年記念万華鏡展2019
e0305824_16295984.jpg
今回のBunkamuraの万華鏡展では、「山見浩司の軌跡展」も同時開催されるそうです。山見さんの初期の作品から現在までの軌跡を辿れるというとてもとても素晴らしい企画です☆
e0305824_16300379.jpg
今年アリゾナで開催された万華鏡の世界大会で、山見さんは万華鏡にとても貢献した人に授与されるコゼット賞を日本人で初受賞されました。
↑写真はアンベーリングを待っている時に、名前を呼ばれて立ち上がる山見さん。

コンベンションに参加する万華鏡作家、現在ご活躍されている作家さんの多くが山見さんの門下生。山見さんはその作品を通して万華鏡を多くの方に魅力と伝えるだけでなく、多くの作家を育てているという功績に対して、理事の方たちの満場一致で受賞が決まったようです。
↓写真はコゼット賞のトロフィーをプレジデントのペギーから受け取る山見さん。
e0305824_16300671.jpg
コゼット賞は卓越した成果と献身的な努力により、万華鏡の世界を前進させ拡大するのに貢献した人に授与される賞で、万華鏡の母とも呼ばれる、コージーベーカーさんの本名のコゼットを冠している賞です。(コージーの本名がコゼットだと今回初めて知りました!)
e0305824_16301580.jpg
そして最初の受賞者はその賞の名前にもなっているコージー・ベーカーさんです。
その時の賞品はシェリー・モーシャ作のネックレス”Frozen Moments” 
コージー良く似合ってますね♡
コージーは万華鏡の魅力を伝えることに最も貢献された人であることは間違いありません。後にも先にも彼女を超える人はいないと思います。はい。
e0305824_16301754.jpg
2003年には、コーキー・ウィークスが受賞。
コーキーとコンベンションでお会いできたのはアルバカーキが最後で、その後ずっと参加されていなかったのですが、去年と今年アリゾナで久しぶりにお会いすることができて大感激しました!!!ネリーブライの地下にあるコーキーミュージアムはホントにとっても素晴らしかったです。こんな前からこんな前衛的なミラーシステムの万華鏡を作っていたのかと。コーキーの功績は称賛に価します。
私が撮ってきた写真の量が膨大すぎてまだ手をつけられずにいますが、いつか必ず!まとめてUPしますね!
e0305824_16302162.jpg
コゼット賞は毎年誰かに、と決まっているわけではありません。
次の受賞者は2005年のメアリー・マーガレット・ギブソンさんです。
彼女は Kaleidoscope Collector's Guide という本を編纂しました。それは万華鏡のコレクターさんやバイヤーさんたちのバイブルになるような素晴らしい功績です。
e0305824_16302544.jpg
それからしばらくコゼット賞の受賞者はいなくて、2014年にネリーブライのオーナー、メアリー・ウィルスが受賞しました!!!
メアリーは、長年ネリーブライでたくさんの人々に万華鏡を販売し、毎年万華鏡の祭典”KaleidoscopeWeekend”を開催してたくさんの万華鏡作家さんとコレクターたちとの交流の場を設け、万華鏡作家にとってもコレクターにとってもとても大きな存在です。シャイだけど凄腕のメアリー。私は3年前にやっと初めてネリーブライを訪問し、その功績の大きさを目の当たりにしてきました。このこと早くまとめてご紹介しなくちゃですね。。。メアリーは私の大尊敬する大先輩です!
e0305824_16302754.jpg
2016年には私の愛するチャールズ・カラディモスが受賞。
チャールズは万華鏡作家としてはもちろん、コージーがセミリタイアした後はコンベンションのディレクターとして、万華鏡界を牽引してくれていたリーダー。
この年は万華鏡が発明されてからちょうど200周年の年で、記念のコンベンションが開催されたのはチャールズが住むメリーランド州。
チャールズはこれに合わせて自宅を改装して自身の万華鏡ミュージアムを作り、コンベンション参加者たちを招待してくださいました。チャールズの歴史はカレイドスコープ・ルネッサンスとも呼ばれる近代の万華鏡の歩みとシンクロしていて、それはとても素晴らしい実績であることは誰もが認めるところです。

e0305824_16303030.jpg
そして2018年には、シェリー・モーシャとキャロリン・ベネットが受賞。チャールズと供に3人で長い間BKS(ブリュースター・カレイドスコープ・ソサエティ)をオーガナイズしてくださっていた方々です!
e0305824_16303323.jpg
シェリーは私がコンベンションに参加するようになってからは、万華鏡の販売ブースは出さず、ずっと裏方として働いてくださっていました。
しかし彼女の作品はコーキーと並び前衛的なものが多く、また芸術的なハンダやランプワークなど他の追随を許さない美しい万華鏡を作る作家であり素晴らしい功績を残しています。

キャロリンは今年2019年のコンベンションでCape Kaleidoscopeのリサをアンベーングして衝撃サプライズでした。今後キャロリンの仕事は一部を残しリサに引き継ぐとのこと。リタイアの1年前の受賞となりました。
コンベンションではいつもみんなの写真を撮ってくれて、いつも笑顔で、とってもCuteなキャロリン。
子ども向けの本やキット、ミュージアムショップやギフトショップ向けの万華鏡などを創作し、万華鏡の魅力を広めるのにとても貢献されました。
e0305824_16303678.jpg
この錚々たるメンバーの中に2019年、日本人の万華鏡作家、山見浩司さんの名が連ねられることになりました。
ご本人もとてもびっくりされていて、目には涙も。。。

山見さんのコンベンションでのピープルズチョイズアワード受賞は今回7度目で、もちろん毎回とても嬉しいと思いますが、コゼット賞は格別、別格です。本当におめでとうございます。ほんとに素晴らしいことです!

そんな山見浩司さんの軌跡展も見れる今回のBunkamura万華鏡展2019、とっても楽しみです。

素敵な企画をしてくださったVIVANTの豪さんにも大感謝!!!

私は山見さんと中里さんの作品を名古屋へ運ぶため、最終日に行くことに。
最終日にゆっくりじっくり拝見させてもらいます♡楽しみ♡


みなさんも是非!!!










# by prism200345 | 2019-09-20 23:45 | イベントのご案内 | Trackback
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク